アイデア

初めてでも失敗しない!写真ケーキの選び方と7つの知識

誕生日や記念日のプレゼントとして大人気の写真ケーキを、これから注文しようと考えているビギナーさんに向けて、「初めてでも失敗しない!写真ケーキの選び方と7つの知識」について記事を書いています。

写真ケーキがほしいけど、選び方がわからない

「写真ケーキはどうやって注文するの?」
「写真はどれを選んでもいいの?」
「通販見つけたけど、美味しいの?」
「手ごろなものが欲しいけど、値段はどのくらいが相場?」
「もうすぐ誕生日だけど、いつまでに注文したらいいの?」

などなど、初めてのことだから分からないことがたくさんありますよね。なんでも初めてのときってちょっと不安になるし、せっかくの誕生日や記念日を台無しにしないよう慎重になってしまうことは誰にでもあることです。

最低限の知識があれば、賢い選び方ができる

「プロに頼むんだからうまく作ってもらえるでしょ」なんて安易な気持ちで注文をしてしまうと、残念な結果につながる可能性があります。誕生日の当日、ケーキが間に合わなかったなど、初めての注文にありがちな失敗をしないよう、写真ケーキの選び方などを細かく解説していきます。

最低限の知識があれば、賢い選び方ができるようになりますので、ぜひご参考ください。

そもそも写真ケーキはどうやって作られているの?

photo-cake-choice1
写真ケーキとは、フォトケーキやプリントケーキとも呼ばれていて、その名の通り、スマホやデジカメなどで撮影した写真データを「食べられる紙」に「食べられるインク」でプリントして、その用紙をチョコプレートやクッキー、またはそのままケーキに張り付けたケーキのことを指します。

写真ケーキに似たようなものに、イラストケーキやキャラクターケーキなどがありますが、これらは写真をプリントするのではなく、キャラクターや似顔絵などをケーキに手描きや食材でデコレーションしたものを指します。

写真ケーキはどのお店でも注文できるわけではありません。理由は、ケーキやプレートに印刷できる専用のプリンターが必要だからです。食べられるインクで、食べられる印刷用紙にプリントアウトして初めて写真ケーキが出来上がります。なので、当たり前ですが、専用プリンターを持っていないお店では写真ケーキを注文することはできません。

写真ケーキで失敗しないために知っておきたいこと

写真ケーキで失敗しないためには、みんなの失敗経験が参考になります。特に注目すべき例を挙げていますので、注文する前に学びましょう。

写真ケーキの失敗例

・できあがった写真が暗くて何が写っているか分かりづらい、想像と違った
・欲しい日に届かなかった、間に合わなかった
・ケーキが美味しくない
・サイズが小さ過ぎて、足りなかった
・予算オーバーした
・通販サイトで注文の仕方が分からず諦めた

知識さえあれば、問題をクリアできるようなことばかりです。失敗例のようにならないよう、基本的な知識を身につけましょう。

写真ケーキを購入する際に注目するポイント

①購入先(通販サイトか近くのケーキ屋さんか)
②写真のクオリティー
③味
④値段
⑤サイズ
⑥配達、受け取り
⑦注文方法

これら7つのポイントを押さえておけば、失敗を回避できるようになります。写真ケーキの仕上がりにも影響してくる大事なポイントなので、この部分を一つずつ解説していきます。

写真ケーキの選び方と7つの知識

photo-cake-choice2

①通販かケーキ屋さん、どちらを選ぶか

まずは、写真ケーキを「通販サイト」「近くのケーキ屋さん」のどちらに注文するか検討しましょう。購入先によって、ケーキの満足度や注文方法が大きく変わります。かなり重要な部分です。

それぞれのメリット、デメリットをざっくりとご紹介しますので、どちらを選ぶか参考にしてみてください。

■通販サイトで注文するメリット、デメリット

【メリット】
来店不要、注文はネットで完結
写真を送るだけ、簡単で便利性が高い
自宅など、指定した場所に届く

【デメリット】
冷凍したものが届く、解凍する手間がかかる
送料がかかる
イメージした味や見た目が異なることがある
苺などのフルーツは冷凍できないので、トッピングが限られる

■ケーキ屋さんで注文するメリット、デメリット

【メリット】
出来立てのフレッシュなケーキ、美味しい
フルーツなど、トッピングに制限がない
細かいところまで対応してくれる、安心感がある

【デメリット】
写真の持ち込み、ケーキの受け取りなど、手間がかかる
写真ケーキを取り扱っている店舗が少ない

「通販サイト」の利便性をとるか、「ケーキ屋さん」の美味しさをとるか…大きな分かれ道です。じっくり検討しましょう。

②写真の選び方とクオリティーを上げる方法

写真選びがケーキの仕上がりに大きく左右する

どんな写真を選択するかによって、写真ケーキの仕上がりが大きく変わってきます。できる限り、解像度が高く、明るく彩度のある写真を選ぶようにしましょう。そうすることで仕上がりのクオリティーがアップします。

また、どの写真でも、基本は被写体が大きくて鮮明に映っているものを選ぶと良いでしょう。小さくて何が映っているか分かりづらいかも、と思う写真は避けることが大事です。特に、顔が映っている写真を使用する場合は、大きく鮮明に写っているものを選びましょう。

ケーキにプリントした写真のクオリティーはどれくらい?

結論から言うと、スマホやPCに入っている写真データよりも、画質が下がります。また、ケーキにプリントした場合、元のデータと色合いが若干変わる場合があります。

お店側は、なるべく実際の写真と印刷したものが近くなるよう意識してプリントしてくれますが、フードプリンターで印刷すると、どうしても画質が劣化もしくは色合いが変わってくるので、そこの部分は妥協するしかありません。

写真を大きく見せるコツ

フードプリンターで印刷した写真シートは、

①ケーキ本体に直接貼る
②ホワイトチョコなどのプレートに張ってケーキにのせる

このどちらかの方法で写真ケーキが作られています。基本的にはお店側が指定した場所に張り付けられます。

写真を大きく見せたい場合は、ケーキ本体のものを選んだ方が、写真部分の面積が広くなるので、こちらを選ぶと良いでしょう。また、ケーキの形状が、丸形と四角型の両方を取り扱っているお店の場合は、四角型を選んだ方が丸形より写真を大きく見せることができます。

どんな写真でもいいの?

ケーキにプリントする写真は、人の顔でなくてもOKです。キャラクターを撮影したものや、アイドルの写真などでもOK。自分が描いたイラストを撮影したものでも問題ありません。画像データになっていれば、どんなものでも写真ケーキにできます。

写真を合成できるサービスもある

それぞれ異なった2枚の写真をひとつにまとめたもの、人物写真とキャラクター画像を合成したものなど、写真合成のサービスを行っているお店もあります。「こどもとキャラクター」みたいな、写真を2つ使ったケーキを注文したい方におすすめです。

また、写真データをお店へ送る前に、自分で合成したり、加工したりするのも一つの手です。その場合、画質が悪くならないよう注意しましょう。

③写真ケーキの味や種類の選び方

通販の写真ケーキの味や種類は少なく、限られている

通販で注文できる写真ケーキの種類は、基本はオーソドックスなスポンジタイプのショートケーキです。味は、生クリームがベースで、スタンダードな生クリーム、チョコクリーム、抹茶クリームなどがコーディングされています。どの通販サイトでも、味や種類は似たようなものばかりです。美味しさには、かなりばらつきがあるので、口コミなどをもとに選ぶのがポイントです。

※通販の写真ケーキは進化し続けています。タルトやチーズなどの種類も少しずつ増えてきています。今後に期待です。

写真ケーキの味や種類にこだわるならケーキ屋さん

タルトやチーズケーキが良いという人は、通販サイトではなく、お近くの写真ケーキを作ってくれるお店を探すと良いでしょう。通販サイトは、商品化されたケーキを選んで写真を載せてもらうシステムがほとんどなので、もっとこだわったものを注文したいのであれば、地元のケーキ屋さんでお願いするといいでしょう。

④写真ケーキの値段とその他料金

■ケーキ屋さんの「写真ケーキの値段」はどれくらい?

通販ではなく、ケーキ屋さんで購入する場合は、「写真ケーキ〇〇〇〇円」と明記されているケーキ屋さんはなかなかありません。基本的にオーダーメイドなので、写真ケーキの値段が不透明なことが多いですが、だいたい大きく分けて2つの値段設定があります。

①ケーキ本体価格+写真プレート(プリント、転写)料金
②プリント料金も含めたオーダーメイド価格

①は、店頭に並んでいるケーキの本体価格に、写真プレート600~1,500円の料金をプラスするだけなので、値段が分かりやすいです。②の場合は、お店によってばらつきがあります。値段が決まっているところもありますが、分かりにくい場合は予算を伝えてできる範囲で作ってもらうといいでしょう。

■通販サイトの「写真ケーキの値段」はどれくらい?

ケーキ屋さんに比べ、通販サイトの値段は記載されている通りの金額なので分かりやすいです。でも、サイトによって値段にばらつきがあるので、平均的な値段をざっくりご紹介します。

4号12cmサイズで、3,000円前後
5号15cmサイズで、4,000円前後
6号18cmサイズで、5,000円前後
7号21cmサイズで、7,000円前後
8号24cmサイズで、9,000円前後

もちろん、これより安いところもあれば、高いところもありますので、参考程度にしてください。

送料がかかることも忘れずに

通販で購入する場合、必ず送料がかかるので、予算オーバーしないよう送料のことも頭に入れておきましょう。

送料は、店舗によってばらつきがあります。送料一律800円のところもあれば、1,300円のところもあります。離島になると1,800円かかる場合もあります。また、全国一律ではなく、地域によって料金が異なる場合もありますので、注文する際はしっかりと確認しておきましょう。

ちなみに、ロウソクはサービスで5~10本付けてくれるところがほとんどです。ナンバーキャンドルなどは別売りです。ロウソクを使用する際は、ケーキの写真が崩れないよう注意しましょう。

⑤写真ケーキのサイズの選び方

写真ケーキに限らず、ホールタイプのケーキのサイズは、「〇号〇cm」という感じで、統一されています。当たり前ですが、ケーキサイズの選び方は必要な人数分のものを選ぶといいでしょう。サイズと適した人数を記載します。

ケーキの「サイズと適した人数」の早見表

4号12cmサイズ、2~4人分
5号15cmサイズ、4~6人分
6号18cmサイズ、6~8人分
7号21cmサイズ、8~10人分
8号24cmサイズ、10~12人分
9号27cmサイズ、12~14人分
10号30cmサイズ、14~16人分

1号大きくなるごとに3cmずつ直径が大きくなります。サイズは、4号×3cm=12cm、5号×3cm=15cmという感じで、「〇号×3」と覚えるといいでしょう。

直径だけでなく、ケーキの厚みで、適した人数が変わってくるので、タルトなど、購入するケーキが薄い場合は、表よりも少し大きめのものを選ぶとちょうどよくなります。

ほかにも、パーティーやウエディング用の特大サイズを取り扱っている店舗もあります。

⑥写真ケーキの配達、受け取り

【通販の場合】ケーキはどうやって届く?

基本的には、ヤマト運輸のクール便(冷凍便)で配送されます。

【通販の場合】ケーキはいつまでに注文したらいい?

注文する店舗の所在地や発送先によってお届け日が異なります。発送先からお届け先が近い場合は、最短で2日で到着します。離れている場合は3~4日、北海道や沖縄など離島の場合は4~5日かかります。

注文したらすぐ届くようなものではないので、なるべく早めの注文を心掛けましょう。

【通販の場合】冷凍された状態で届きます

通販で写真ケーキを取り寄せる場合は、食品の都合上、一度冷凍されて発送されます。衛生面や型崩れ防止などの理由により。なので、ケーキを食べる前に、あらかじめ解凍する必要があります。冷蔵庫でゆっくり解凍するなど、お店側が解答方法を教えてくれます。美味しく頂くためにも、プロがおすすめする方法で解凍するようにしましょう。

冷凍保存で1週間ほどもつようなので、2、3日早めに届けてもらっても問題なさそうです。

【店舗の場合】ケーキの受け取り方は?

通常のオーダーメイドケーキと変わらず、注文申し込みの際に、受け取りたい日を指定して、当日お店へ受け取りに行きます。申し込みの際、時間も指定しておくとよいでしょう。

行っている店舗は少ないですが、配達してくれるところもあります。

写真ケーキの制作に、2日~1週間ほどかかるので、早めに申し込みしておくことをおすすめします。

⑦写真ケーキの注文方法

【通販の場合】ケーキの注文方法は?

写真ケーキの注文は、通販サイトや地域によって異なりますが、お届け日の3~4営業日前までに行う必要があります。サイトの注文フォームに必要事項を入力し、写真ケーキに使用する写真データを添付します。指定のメールアドレスにデータを添付するサイトもあります。

注文のおおまかな流れを記載します。

①ケーキを選ぶ
②写真データを送る
③写真や注文内容を確認する
④注文確定
⑤指定した日に、ケーキが届く

「写真データを送る」という行動以外、通常のネットショッピングと変わりません。とても簡単です。

【店舗の場合】ケーキの注文方法は?

ケーキ屋さんで写真ケーキを注文する場合の流れを記載します。

①来店または電話で注文する
②写真データを持ち込む、メールで送る
③指定した日に受け取りに行く

来店して申し込む場合、写真データを渡しておくと効率がいいです。

注文後のキャンセル、ケーキの返品はできない

注文後のキャンセル、ケーキの返品は、基本的にできません。注文したその日にキャンセルなど、早い段階で行えばできることもあります。

最後に

今回、「初めてでも失敗しない!写真ケーキの選び方と7つの知識」をご紹介しましたが、ごく稀に“どうしようもないアクシデントやトラブル”が発生することもあります。

どうしようもないアクシデントやトラブルもある

例えば、

・配送中による破損
・ケーキが溶けている
・台風や大雪などの天候による到着日の遅れ

これらのトラブルは自分で防ぎようがありません。

凡ミスを起こさないよう気を付けましょう

通販の場合ですが、8時間ほど冷蔵庫で解凍させる必要があるので、解凍するのを忘れてしまった場合、誕生日などのパーティーに間に合わないこともあります。

このような未然に防げる失敗もありますので、初めて写真ケーキを購入する方は、最低限の知識を身に付けておきましょう。

写真ケーキの用途は様々

写真ケーキは、お誕生日、結婚記念日、還暦祝の他にも、歓送迎会、結婚式、合格祝い、母の日、父の日、敬老の日、出産祝いなど、いろんな用途で活用されています。

この後によく読まれている記事

誕生日プレゼント&ディナーにおすすめ!お取り寄せグルメ16選

誕生日プレゼント&ディナーにおすすめ!お取り寄せグルメ16選

自宅で楽しめる!いろんな味の「ロールケーキ」お取り寄せ11選

自宅で楽しめる!いろんな味の「ロールケーキ」お取り寄せ11選

「手描きのイラストケーキ」が注文できる通販サイト一覧

「手描きのイラストケーキ」が注文できる通販サイト一覧

変わったプレゼント18選+α!ユニークで実用的なものを厳選

変わったプレゼント18選+α!ユニークで実用的なものを厳選

贅沢したいときにおすすめ!「高級」お取り寄せグルメ 15選

贅沢したいときにおすすめ!「高級」お取り寄せグルメ 15選

ティータイムが楽しくなる!少し変わったお茶のプレゼント9選

ティータイムが楽しくなる!少し変わったお茶のプレゼント9選

抹茶好きにはたまらない!お取り寄せ「抹茶スイーツ」18選

抹茶好きにはたまらない!お取り寄せ「抹茶スイーツ」18選

「写真ケーキのプレートのみ」が買える通販サイト

「写真ケーキのプレートのみ」が買える通販サイト

簡単にできる!プチサプライズのアイデア

簡単にできる!プチサプライズのアイデア

食卓を華やかに彩る!「クリスマスケーキ」お取り寄せ6選

食卓を華やかに彩る!「クリスマスケーキ」お取り寄せ6選