アイデア

自分らしく伝える!「プロポーズの言葉」の考え方&伝え方

プロポーズの言葉を考えている方へ

プロポーズの言葉を考えているけど…

「どんな言葉があるか参考にしたい」
「自分らしく言葉を伝えたい」
「プロポーズを成功させたい」

こんな感じで、プロポーズの言葉を考えている方のために、”自分らしく伝える!「プロポーズの言葉」の考え方&伝え方”をご紹介します。

自分らしく言える言葉の考え方や伝え方をご紹介します

今回は、自分らしく伝えることができるプロポーズの言葉の考え方や伝え方についてご紹介します。

【プロポーズの言葉の考え方】
①ポイントは、言葉に込められた想い
②気持ちを自分らしく言葉にする
③言葉だけでなく、プロポーズ全体を考えてみる

【プロポーズの言葉の作り方と例文】
①言葉の表現方法を決める
②印象がいい言葉を選ぶ
③印象がよくないプロポーズ
④プロポーズの言葉の例文

【プロポーズの言葉の伝え方】
①いつ伝えるか
②どこで伝えるか
③どのように伝えるか

プロポーズの言葉の例文もご紹介していますので、ぜひご参考ください。



プロポーズの言葉の「考え方」

①ポイントは、言葉に込められた想い

プロポーズで大切にしたいポイントは、言葉に込められた想いです。
女性にとって、どんなプロポーズの言葉でも嬉しいと感じてくれますが、女性は言葉だけでなく、場所やタイミングなど、男性がいろいろ考えてプロポーズしてくれたことに感動してくれます。
プロポーズに込められた想いもしっかりと伝えることができれば、シンプルな言葉「結婚してください」でも、あなたらしさが伝わる「結婚してください」となります。

プロポーズに込められた想いが伝わるよう、場所やタイミング、言葉を考えてみるといいでしょう。

②彼女を「愛してる」気持ちを自分らしく言葉にする

「感動」や「かっこいい」プロポーズを求めてしまっているのは、あなたがしたいプロポーズであって、彼女がされたいプロポーズになっているのかも考えて、言葉を選んでみるといいでしょう。

彼女を愛していると想う気持ちをいかに自分らしく言葉にしていくか、形にしていくかが大切なポイントです。

③言葉だけでなく、プロポーズ全体を考えてみる

言葉だけでなく、プロポーズ全体をしっかりと考えるのも大切なポイントです。

・なぜこのタイミングで
・なぜこの場所で
・なぜこんな形で

このように一つ一つ理由を考えてプロポーズすることによって、いつもと違う雰囲気を作ることができ、より真剣さが伝わるようになります。

いろいろ考えてプロポーズすることで、言葉はシンプルでもしっかりと想いが伝わるようになります。



プロポーズの言葉の「作り方と例文」

①言葉の表現方法を決める

プロポーズを言葉にするときは、自分らしさを表現して伝えることで、より想いが伝わりやすくなります。

【言葉の表現の例】
・さりげなく、シンプルな言葉
・かっこよく、ストレートな言葉
・おもしろく、温かみのある言葉
・サプライズで、感動的な言葉

自分の感情や思想を形にすることで、プロポーズの言葉の重みが増します。

②印象のよい言葉を選ぶ

印象のよい言葉を選ぶことも大切です。

【印象がいい言葉の例】
・力強くて、男らしい言葉
・優しくて、安心感のある言葉
・感動的で、ロマンチックな言葉

女性は、「私のことをちゃんと分かってくれてる」ことが嬉しいと感じる人が多いようです。
彼女のことを理解したうえで、言葉を選んでプロポーズするといいでしょう。

③印象がよくないプロポーズを知る

印象がよくないプロポーズを知ることも大切です。

【印象がよくないプロポーズの例】
・ふざけているように感じるプロポーズ
・言葉が弱く、本気か分からないプロポーズ
・させられている感じがするプロポーズ

「今のプロポーズだったの?」と思わせないよう、はっきりとした言葉で伝えることや、真剣さを出すことも必要です。

④プロポーズの言葉の例文

よく使われるプロポーズの言葉をいくつか挙げてみましたので、参考にしてみてください。

■ストレートに伝わるシンプルな言葉
(かっこよさ、男らしさ)

・結婚してください
・絶対に幸せにします
・世界中の誰よりも愛してます
・◯◯のことを一生守ります
・一生大切にします
・一緒に暮らそうか

■ふたりの将来の想いが伝わる言葉
(安心感、感動的)

・一緒に幸せになろう
・幸せな家庭を一緒に築こう
・これからもずっと愛し続けます
・幸せにするから隣にいてほしい
・おじいちゃん、おばあちゃんになるまで一緒にいよう
・ずっと考えてたんだけど、結婚してくれませんか?

■さりげなさの中に真剣さが伝わる言葉
(誠実さ、優しさ)

・ずっと隣にいてください
・僕の奥さんになってください
・◯◯と家族になりたい
・◯◯の笑顔をこれからもずっと見ていたい
・僕にはあなたしかいません
・これからの人生、僕と共に歩んでほしい

例文を参考にして、自分らしさが表現できるプロポーズの言葉を選んでみてください。



プロポーズする言葉の「伝え方」

①いつ伝えるか

プロポーズの言葉が決まったら、いつ伝えるのかを考えましょう。

【プロポーズのタイミングの例】
・彼女の誕生日
・二人の記念日
・クリスマス、ホワイトデー、夫婦の日
・何でもない日

彼女の立場も考えたうえで、タイミングを決めるといいでしょう。

②どこで伝えるか

プロポーズする日も大切ですが、どこでするのかも大切なポイントです。

【プロポーズする場所の例】
・自宅
・ロマンチックな場所
・思い出の場所

彼女の好みに合わせた場所を選びましょう。

③どのように伝えるか

日にちと場所が決まったら、どのようにプロポーズの言葉を伝えるか考えましょう。

【言葉の伝え方の例】
・シンプルに言葉だけで伝える
・想いを手紙にして読み上げる
・プロポーズ動画を作って観せる

シンプルに伝えたいときは、彼女の目を見てプロポーズの「言葉」を伝えるといいでしょう。
想いをたくさん伝えたいときは、「手紙」を書いて伝えることも素敵です。
また、「プロポーズ動画」を作って観せる方法も素敵な伝え方の一つです。

自分らしさが伝わるプロポーズをしよう


今回は、“自分らしく伝える!「プロポーズの言葉」の考え方&伝え方”をご紹介しましたが、参考になりましたか?
相手へのプロポーズの言葉は、「どんな言葉でどんなプロポーズをするのか」をよく考えて、自分らしく誠意を込めて伝えることが大切です。
ロマンチックな言葉じゃなくても、自分らしくストレートに想いを込めれば、相手にとって素敵なプロポーズになります。
真剣な気持ちを出せるよう、伝えたい日やシチュエーションなどをじっくり考えてみてください。



この後によく読まれている記事

初めてのハンドメイド!手作り指輪が作れる場所や特徴を知ろう

初めてのハンドメイド!手作り指輪が作れる場所や特徴を知ろう

サプライズしやすい!?女性が期待するプロポーズのタイミング

サプライズしやすい!?女性が期待するプロポーズのタイミング

これがNG!?女性がガッカリするプロポーズと嫌がる場所

これがNG!?女性がガッカリするプロポーズと嫌がる場所

サプライズしたい男性必見!女性が憧れるプロポーズされたい場所

サプライズしたい男性必見!女性が憧れるプロポーズされたい場所